高度計算機技術開発室

高度計算機技術開発室では原子力分野の計算科学を支える計算機科学、シミュレーション技術の研究開発を推進しています。

| 研究トピックス

 
 

| 複雑流体計算技術

都市部における風況解析は、風の道の確保によるヒートアイランド対策等のスマートシティの設計や、緊急時の汚染物質の拡散予測等の核セキュリティの向上に繋がり、非常に重要な研究課題です。高度計算機技術開発室では、次世代のスーパーコンピュータの有力な演算機の一つである、GPUを用いたリアルタイム風況解析および並列計算に適した高速化技術の開発を進めています。

・東京都心部に対する風況解析(動画: https://youtu.be/VD-FMbNvzhs

wind_simulation.jpg

・NVIDIA DGX-2クラスタシステムにおける実時間風況解析の実現範囲

performance_dgx2.jpg

・GPUスーパーコンピュータでの弱スケーリング性能

weak_scaling.jpg
 
 
 

| 高速計算技術

次世代のエクサスケール計算で必要とされるアクセラレータ利用技術、並列処理技術等の高速計算技術の開発を目指しています。

(省通信マルチグリッド前処理付CG法による1000億格子規模のポアソンソルバ処理)

fig1.png

[Communication avoiding multigrid preconditioned conjugate gradient method for extreme scale multiphase CFD simulations, Y. Idomura, T. Ina, S. Yamashita, N. Onodera, S. Yamada, and T. Imamura, 2018 IEEE/ACM 9th Workshop on Latest Advances in Scalable Algorithms for Large-Scale Systems (scalA), Dallas, TX, USA, 2018, pp. 17-24.]

 
 
 

| 大規模データ可視化技術

スーパーコンピュータの計算機アーキテクチャに対応した大規模並列可視化技術の開発や、シミュレーションから得られる多変数のデータを効率よく可視化する技術を開発しています。将来のエクサスケール計算では超高並列の環境下で大規模な多変数データが生成されため、開発している可視化技術が役に立つと見込まれます。

・遠隔可視化システムPBVR

remote_viz.png

・スーパーコンピュータ上のシミュレーションを、計算と同時に可視化するフレームワーク

InSitu.jpg

・ユーザ入力の代数式による多変数データの合成と可視化

MDTF.jpg
 
 
 

| 福島対応関連技術

東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質のモニタリング活動を支援すべく、環境モニタリングデータベース、路線バスサーベイシステムの構築・運用を行っています。

(環境モニタリングデータベースのトップページ: https://emdb.jaea.go.jp/emdb/ )

環境モニタリングデータベース.PNG

(路線バスによる空間線量率測定: https://info-fukushima.jaea.go.jp/joho/ )

バスサーベイ.png
 
 
 

| メンバー

(柏地区)

(東海地区)

  • 関 暁之 (研究副主幹, research map)
  • 北村 智子 (事務職)